やることリスト問題の先送り癖を回避する方法

 

「やらないといけない」を
分かってるけど、やる気が出ない。
後回しにしてしまう。

よくやりませんか?

 

私は常習犯です。

先送りにしすぎて
気がついたら1ヶ月経っていたとか。
かなり頻発してました。

他人から「いつまできますか?」と
スケジュールを聞かれると
なぜかイラッと感情が発生する癖が
いまだに抜けません。

他人に予定をブロックされたように感じてしまいます。

で、最近それを回避できてきたので
その方法をシェアます。

 

そもそも、なぜ
やらないといけないと分かっているのに
先送りにしてしまうのか?

という話ですが

 

脳みその中に「意志の力」という
やる気の燃料、行動力のガソリンがある。
ということがわかっています。

—-
自制や意志の力の「量」は有限で、身体の状況と密接に関係している。
自動車のガソリンのようなものだということにある。
その量を測定できるようなエネルギーであり、使えばなくなって行く消耗品なのだ。
我慢を強いられたグループは、「我慢の蓄え」がすでに消耗しており、新しい課題を与えられるとすぐに投げ出した。
意志力は有限な資源なので、無理に手を広げすぎてはならない。
(参考:http://wired.jp/2012/10/10/mf-willpower/
—-

学校の先生、親は
「意志の力」の存在、使い方を
知りませんから教えてくれません。

・無駄遣いをしている
・燃費の悪い使い方をしている

可能性があります。

 

低燃費な意思の使い方
無駄遣いしない方法

を手に入れることができれば
意志の力を普通よりも長時間
維持することができるようになります。

 

 

「意志の力=行動のガソリン」

朝一には給油されて満タンになっている
と言われています。

100ccのガラスのコップに
注がれた水みたいなイメージです。

ちょっとしたことでガンガン減っていきます。

・クレームの電話
・メールの一文
・同僚のちょっとした言動
・気になる肩こり

など、
イラッとしたり、
ネガティブな感情を感じたり
ちょっとしたストレスを感じるだけで
意志の力がドボドボ漏れていきます。

普通は、夕方には給油ランプが点灯ます。

 

誰でも明日からできる

意志の力を一番効率よく使える方法は

1.朝起きてからコーヒー1杯と
  チョコレート2~3片摂取する
2.午前中のうちに一番ストレスが
  かかる作業に着手する

です。

コーヒとチョコレートは
覚醒物質が入っているので
少し摂取すると脳内でドーパミンが出ます。
ドーパミンが適度に出るようになることが多いです。

砂糖は血糖値が上がって逆効果になる場合があるので
コーヒーもチョコレートもブラック系がおすすめです。

家を出る前か、会社についてから
ブラックコーヒー+チョコレートを摂取すると
30分位内に覚醒し始める事が多いので
そのタイミングで、一番ストレスがかかったり
頭を使う必要のある作業に取り掛かってください。

会社で朝礼のときにラジオ体操を
することもあると思うのですが
酸素を取り込んで血流を上げるのも
セットにするとさらにドーパミンがでるので
効きます。

 

ここまでが
ちょっとしたテクニックの話

 

さらに強力な裏技が有ります。

意志の力を強制的に充電する方法です。

 

やる気の人口比率=希望型3:恐怖型7
というコンセプトです。

じつは人には2つのタイプが合って

ハッピーな未来を想像したり予感すると
ワクワクして行動するタイプ

恐怖、不安を想像したり予感すると
行動するタイプ

に傾向が別れるのです。

とくに日本人は恐怖型が70%だそうで
良い話、魅力的な話をたくさんしても
「行動の先送り」をするのに

不安と恐怖を煽るような話を
ちょっとするだけで「すぐに行動する」人が
多いのです。

マスコミとかニュースで
ハッピーなニュースよりも
「事故」とか「災害」のニュースのほうが
大量に流れていると思うのですが
そのほうが視聴率が取れるからです。

不安と恐怖のほうが
人間の動物の生存本能に
ダイレクトに影響するからです

給料アップ!という話より
年金が貰えないから今のうちに貯金!
という話のほうが、
前のめりになる人が多いです。

 

このコンセプトを理解すると

人を意図的にコントロールできるように

なってしまいます。

悪用はしないでほしいのですが
・同僚、上司、社員、社長
・取引先
・彼氏彼女
・お客さん
など、あなたが動かしたい相手の
「やる気のタイプ」を判別して
利用すると、コントロールできてしまいます。

 

あなたのやる気の源は何ですか?

恐怖ですか?
希望ですか?

 

具体的にどうやって、
自分の原動力を見つけ出すか?
というと

次のような状況が
自分に発生したときにどの状況なら
「今すぐ行動をおこす気になるか?」
をイメージしてみてください。

恐怖型

お金の欠乏
・通帳の残高が激減した
・財布の中の現金が無い
・急な支払いが発生してしまった
・クレジットカードの支払いが高額になった
・生活費が足りない

男女の関係悪化
・連絡がつかない
・喧嘩した
・彼氏彼女ができない

家族の関係悪化
・子どもと会えない
・夫婦の不仲

健康の不具合
・体重が増えすぎ、痩せすぎ
・体型が崩れた
・健康診断で異常値が発見された
・病気が診断された

 

希望系

お金系
・売上成績達成
・ボーナス・臨時収入
・貯金が増える

男女系
・彼氏彼女ができる
・婚約する
・結婚する

家族系
・子供と遊ぶ
・夫婦仲円満

健康系
・体重減少、適正体重になる
・体が引き締まってきた
・健康診断に異常なし

などです。

 

マズロー5段階欲求の下の方
生き延びる、セックス、子孫繁栄
に影響する部分がかなり影響します。

 

この中で、具体的にイメージして一番自分に
行動せざるを得ない、行動したくなる
状況がどれか?を書き出してみてください。

そして
恐怖型なら:わざと欠乏させる、不足させる
希望型なら:どんどん意図的に満たしていく
ようにするといいです。

 

自分で商売をしていると
通帳の残高が減って、支払いが間に合わない。
という状況になると急に行動し始める事が
多いと思います。

ですから、口座の残高を半分くらいにして
目に見えないところに移動させておけば
生存本能が、あなたのやる気を出させてくれます。

 

自分のタイプと「行動力の源泉」を
一度調べてみて試してみてください。

 

ということで、
自分の「やる気の燃料」の補充方法を
ステップにすると次のような感じです

1.恐怖型、希望型どっちが強いか?を認識する
2.型の中で特に自分の感情に強く影響する
  分類がどれか?を把握する
3.分類の中で具体的に発生すると
  すぐ行動してしまう状況を作ってください。
  (恐怖型:欠乏させる、希望型:満たす)

 

 

 

PS

・安定してやることリストを紹介し続けるスキル
・正しい目標設定の仕方と達成ステップの作り方
など

法則レベルで体系的にまとめられた方法論
を手に入れたい場合はこれをチェックしてみてください

http://shiawase-k.com/iqhx

 

近日公開終了します

営業マンが一人も居ない非常識な広告代理店
印刷会社とリフォーム会社を作った
集客の専門家が明かす
ブログには書けない経営手法の秘密、テクニックを公開します。

(無料)営業マンを雇わない会社経営テクニックを請求する

 

結果にコミットする社長が悪用する「チョコレート活用法」

田中です。

 

チョコを持っていくと
営業が成功しやすくなる
って知ってました?

高いものを売るときに
チョコレートを差し出したときに
お客さんがどうやって食べるか?

を見れば、お客さんの
特性を瞬時に見抜く方法がある。

という

マイアミとフロリダの大学で
共同研究で脳の科学実験をした話で
興味深い続きの話があるのですが
長くなるので、興味があれば
ネットで調べてみてください。

で、こういう小ネタを教えたときに
・すぐにやってみるタイプ
・理由を聞いて理解してからやるか考えるタイプ
2パターンの傾向に別れます。

・やってみる→考えてみる:アクション優先タイプ
・考えて理解する→やってみる:思考優先タイプ

あなたはどっちの傾向が強いですか?

私は思考優先タイプです。

心理テストをやると高確率で
石橋を叩きすぎて壊すタイプ
と出てきます。

最近、特にこの2タイプに関しては
意識してバランスをとったほうが
良いよね。と感じます。

 

どちらのタイプにも一長一短
言い分があって

思考優先タイプ

は「失敗したくない」という感情が強くて
言い訳、今やらない理由を言うことが多いです

 

アクション優先タイプ

は「やってみないとイメージできないし考えられない」
という言うことが多いです。

特に自分のタイプを社員に押し付けてる
社長がかなり多い印象です。

 

どちらも偏るとデメリットがあって

思考優先タイプ
 →勉強好きで考えるのは好きだけど
  考えすぎて行動しないできない。
  行動量が減るので結果が出にくい。

アクション有線タイプ
 →行動量が多いので目に見える結果は多いけど
  情報量が少なかったりよく考えていないせいで
  二度手間が多く的はずれなことをやって
  目的を見失う事が多い

という感じです。

 

とくに経営者とかトップセールスの営業の方で
人並み以上の結果を出している人は
「深く考えた上で、行動量が多い」
という例がほとんどです。

計算式にすると

(知識情報量×思考時間)×行動の量と時間

という感じです。

掛け算なので、どれかの点数が1とか0だと
人並み以上の結果が出にくい印象です。

 

自分で全部をまかなえたり、
意識してバランスをとれる人は
それでよいのですが、難しい場合は

 

「他人に頼ってみてください。」

思考優先の人は、
行動を社員とかパートナーに任せる

行動優先の人は、
情報収集して考えるのを
社員とかパートナーに任せる

という風に割り切ってしまって
自分の得意なことに集中する
のが手っ取り早いですね。

 

 

もし、事務員さんにぶん投げすぎて
頼みづらくなってる社長には裏技が有ります。

ちょっとお高いチョコレートとか
ケーキとかを買ってきて
セットでぶん投げれば大丈夫です。

たぶん

 

 

PS

カカオ濃度が高いやつがかなりおすすめです。
脳に直接作用する成分が入ってるので

 

 

近日公開終了します

営業マンが一人も居ない非常識な広告代理店
印刷会社とリフォーム会社を作った
集客の専門家が明かす
ブログには書けない経営手法の秘密、テクニックを公開します。

(無料)営業マンを雇わない会社経営テクニックを請求する