不況時代を生き抜く!売るために必要な2つの武器

これから経済構造が大きく変化しようとしています。

札幌はもともと景気が良い街ではありませんが、さらに輪をかけて酷くなっているようです。

景気が良いときは、財布にも余裕があるので
「感覚」でモノを買う人が多いです。

「これイイね!」
「これ素敵!」

といった感じで買ってしまいます。

しかし、景気が悪くなると、しっかり考えて買うようになります。

「コレを買っても損しないよね?」
「どっちが良い商品かなぁ?」
「他に安い店あるんじゃない?」

と、お金がないから買う前に躊躇するようになります。

不景気になると買おうかどうか「考えている時間」が長くなります

このお客さんの変化に気づかないで、今までと同じ売り方をしていると
営業コストが今まで以上にかかり、成約率も下がり、ゲームオーバーが見えてきてしまいます。

お客様は本当に買うべきか?を「熟慮」します。

ですので、お客様に
「買う理由」
を明確にしてあげなければいけません。

「この商品を買うべきだ」
「この商品を買わないと損だ」

と、動機を明確にしてあげるためにも

「販促企画」
「キャッチコピー」

2つを武器として持たなければいけません。

商品を買うきっかけを作る「販促企画」
商品を買う理由を伝える「キャッチコピー」

この2本柱で戦ってください。

戦略的な販促企画、キャッチコピーの事例が気になる方は
お気軽にご連絡ください


近日公開終了します

営業マンが一人も居ない非常識な広告代理店
印刷会社とリフォーム会社を作った
集客の専門家が明かす
ブログには書けない経営手法の秘密、テクニックを公開します。

(無料)営業マンを雇わない会社経営テクニックを請求する

 

コメントする

CAPTCHA