成果を上げるホームページを作るために考えなければならないこと

   

こんにちは。

田中です。

弊社はホームページ(IT)を営業活動の道具としていかに活用するか?
を一緒に考え、それを形にするためのサポートをさせていただいております。

「作る」ことよりも「考える」ことに力点を置いているのが
弊社の最大にして唯一のセールスポイントな訳ですが

より現実的で、成果に繋がりやすい設計をするためには
考えるための材料が必要です。
御社の事を”深く理解する”ということです。

材料は、大きく分けて3つ

・御社自身について
・御社の顧客について
・御社の業界(競合他社)について

(どれも突き詰めれば底無しですが)

その材料を元にして具体的な

・目的設定(サイトに期待する成果の設定)
・集客導線設計(サイトを見てもらえる理由)
・ページ構成設計(サイトから成果に繋がる理由)
・公開後の効果検証、改訂プランの設計(PDCAサイクルの実施)

をトータルで考えます。

ここまでやろうとすれば、当然時間がかかります。
が、やることをやらずに作ったサイトの目的達成の精度はそれなりです。

ここまで考えなければ(考えてすら)ホームページを
使って成果を上げることは難しいです。

やるところまでやれば、時間もお金もかかります。

出来る限りお金をかけずに、ホームページ制作の発注したい
とお考えのお客様は、業者に「作りたいんだけどいくらぐらいかかるの?」
と問い合わせる前に

・目的は何か?
・目的を達成するためにホームページをどう活用したいか?
・お客様がそのホームページを見に来てくれる理由は?

を具体的に検討していただくと、発注した際に必要な工数(かかる時間)
が軽減し、安価に制作を発注しやすくなるのではないかと思います。

効果検証まで徹底的にホームページを活用したい方、お待ちしてます。

近日公開終了します

営業マンが一人も居ない非常識な広告代理店
印刷会社とリフォーム会社を作った
集客の専門家が明かす
ブログには書けない経営手法の秘密、テクニックを公開します。

(無料)営業マンを雇わない会社経営テクニックを請求する

 

 - ブランディング