千円の鉛筆

      2013/08/30

twitterでこんな記事がありました。

 

-----------

1本千円の鉛筆があったとしよう。
相場よりもすごく高いけれども千円出せば買える。

こういうものを人は自分のためには買わない。
だが贈答品には適している。
千円で贈れる高級品だからだ。

こういう商品にはストーリーが不可欠である。
なぜそんなにも高いのか。
鉛筆ではなくストーリーが贈り物なのだ。
— 安田佳生さん (@yasuda_yoshio) 10月 31, 2012 <p例えば< />

-----------

1本1000円ではないけど、こんな商品
三菱鉛筆 ユニカラー 100色セット

「100色の色鉛筆」が「1万円」だけだと高く感じる人もいるかも知れません。

では、

 

「じつは、お子さんの知育に100色鉛筆がいいって言われているんです。
これで絵を描いていると、普通の子よりも繊細な色使いができるようになるそうですよ♪」

 

と言われたらどうでしょうか?

近日公開終了します

営業マンが一人も居ない非常識な広告代理店
印刷会社とリフォーム会社を作った
集客の専門家が明かす
ブログには書けない経営手法の秘密、テクニックを公開します。

(無料)営業マンを雇わない会社経営テクニックを請求する

 

 - ブランディング