値引きして売るのは好きですか?

田中です。

 

「とにかくセールで値引きしないと売れないんです」
みたいな事になっていませんか?

・初回お試しで割り引く
・不良在庫の処分
くらいであれば良いと思うのですが

正当な理由のない値引きは
自分たちの価値を下げるだけの無意味な行為ですからね。

こういう場合は
「自社の商品の価値」
を再確認しましょう。

日本人は
お金=代金=価値提供の代わりに受け取る金
という教育を受けないので
お金請求すること自体に罪悪感を感じていたり
お金を受け取る=相手のお金を取る
みたいな感覚を心の底で持っていることが多いです。
一種のトラウマです。

値引き=正義
という思考になってしまっているなら

・値引きしなくても買ってくれるお客を探す(作る)こと
・値引きしなくても値段以上の価値が感じられる商品を作ること

が前提となるように

自社の商品の
「代金(価値)の内訳」
を再確認して、言語化してみると
良いかもしれません。

 

————
あなたの商品は何代として
請求していますか?
————

例えば

タクシーに乗って
ビジネスマンが2人で
札幌から千歳空港までいきました。
値段は1万円でした

という状況の説明だけであれば

札幌と千歳空港の2人の移動の対価(代金)=10000円

ですから
空港に行くのに電車に乗れば2人で2000円で行けるのに
ボッタクリだ。となります。

ここに価値の内訳の説明をつけると
1.待ち時間ゼロでホテルの前に待機しているタクシーに乗り、
2.移動している間は、
3.周囲に気が散るコトの無い静かな車内で
4.2人で重要な打ち合わせを完了させ
5.ついでにメールの処理まで完了させることができました。
という説明がつけば

タクシー代金=移動の対価

ではなくなったと思います。

追加された価値は
・電車の無駄な待ち時間を無くす代
・静かな個室のような空間代
が加わります。

その価値の差額が1人4000円だとして
妥当な金額かどうか?
は相手の財布次第です。

同じ4000円でも
小学生と社会人では
感じる重みが違うのと同じことでですね。

儲かってる会社の社長の100万円と
雇われ平社員の100万円の価値はまったく
違います。

 

ちなみに私がこういった内容の話を
有料のコンサルでも
無料の相談でも
ほぼ同じレベルで伝えています。
(有料無料の間で線引はしていますが)

私が発している「情報の質」はほぼ同じということです。

では、無料で相談すれば結果が出ているのか?
というとそんなことはありません。

残念なほど多くの相談者たちは
無料なせいで「情報の価値」に気づかないのです。
聞き漏らしたりスルーしてしまいます。

これは私自身の体験も含めて感じていることですが
【お金を払った痛みの度合い(金額)=得られる学びの量】
ということです。

もとから勉強の意欲が高い人以外は
高額な勉強代を払ったほうが、勉強効果が高いです。

1日で10万円のセミナーと
1日で3000円のセミナーでは
そもそも参加するための
取り組む姿勢と意欲が違います。

「これだけ払ったんだから元を取ってやろう」
と思うのが普通です。

提供する側も
「これだけ貰うんだからこれだけのことはやろう」
と思うのが普通です。

他人にお金払って直接勉強しに行かない限り、
殆どの人は価値のある情報が目の前にあっても
見逃しているんです。
(眺めてるだけで気づいてない)

 

億万長者になるための方法は
ネットで検索すれば腐るほど販売されています。
amazonで1000円とかで売ってるレベルです。

そんな教材を買っても、そこから結果を出せるヒトは少数で、
セミナーに参加したり個別のコンサルティングとかコーチングを受けないと
結果が出せるようにならない。

それは自分が払った値段で勝手に
「◯円の情報だから、こんなもんだろう」
と価値を勝手に決めつけているんです。

情報の価値は、受け取り手の能力次第で激変しますからね。

 

 

近日公開終了します

営業マンが一人も居ない非常識な広告代理店
印刷会社とリフォーム会社を作った
集客の専門家が明かす
ブログには書けない経営手法の秘密、テクニックを公開します。

(無料)営業マンを雇わない会社経営テクニックを請求する

 

肉の記事に質問をいただきました

昨日の肉の記事に質問をいただきました。

 

質問への返事には具体的な事例も書いたのですが
こちらでは割愛させていただきます。

共有するのは
「オンライン販売に興味あります。」
という質問の一文に対する回答です。

———-以下回答————

「物」を仕入れるか、自社で作って売るか?
自社のノウハウや知識を「教材」として商品にして売るか?
で、根本的なビジネスの組み立て方が変わってきます。

もちろん、物と教材を組み合わせて
「独立開業キット」みたいにして売るのもありだと思います。

 

意外と忘れている人が多いのですが
インターネットのパソコンの画面の
向こう側にいるのは「人」なんです。

メールで「オンライン販売に興味があります」とのことでしたが
オンラインでもオフラインでも商品を買って
受け取るのは「人(お客様)」ですから
ネット販売ではなく「物販」として捉えていただいたほうが
発想が広がって良いと思います。

店頭で試験販売してリアクションが良かったものをネットで売る
とか
ネットで評判のいいものを仕入れて店頭で売る
ということです。

 

ネット販売に限らず「売る努力」を最小限にして
できるだけ楽をしたい。とお考えであれば

・「欲しい」と思っている人が誰か?が明確な商品
・「欲しい」と思っている人の数が一定数以上いる商品
 (市場がある程度大きい)
・「用途」が限られている専門商品(万能ではなく専門)

などを、あらかじめ選んでからスタートしたほうが良いです。

どうやって売るか?の前に
「何を、どこの、誰に売るか?」
を先に決めるということです。

 

売るものが決まったら
ネット上に商品紹介を掲載することになるわけですが
ここでやってしまうのが
「ショッピングカートのついたホームページが無いと売れない」
と思ってしまうことです。

手始めに実験する程度であれば
ショッピングカートが無くてもメールフォームで十分対応できます。

専用のブログを無料で作って
メールアドレスと電話番号を載せておいて
「欲しい方はメール下さい。担当から折り返します」
と書いておけば明日からでもスタートできます。

 

ネット販売の最初の一歩は
ネット上に自分の媒体(ブログ,twitter,Facebook,HPなど)
を作って小さく始めることです。

低リスク(最安0円)でスタートして
大きく育てることができるのが
ネットをつかったビジネスの最大のメリットです。

 

ただし、何でもかんでも手当たり次第に。
というと、手間がかかるわりに儲からない。
ということになってしまいます。

何をどうやるか?を決めて
最短距離で進められるように
「ムダのない集客の導線」を作ったほうが
効率的で理想ですよね。

それが、私がコンサルティングで行っている
「集客設計」ということです。

参考になりましたでしょうか?

———————

ネットのことになると無機質で機械的な物
だと思っている方が多いのですが
相手にしているのは人です。

ネットはあくまでも
「アナログで頑張っているあなたのコピーロボット」
だと思っていただいたほうが良いと思います。

近日公開終了します

営業マンが一人も居ない非常識な広告代理店
印刷会社とリフォーム会社を作った
集客の専門家が明かす
ブログには書けない経営手法の秘密、テクニックを公開します。

(無料)営業マンを雇わない会社経営テクニックを請求する