経営理念のページ

経営理念のページ

 経営理念のページ、こんなページ見る人いるのかな。と思う人も多いのですが、自分の会社に入社した人、取引先等に聞いてみてください。意外と見ている人がいます。
 なぜなら経営理念こそ、その会社が大切にしていることだろうな…と思うからです。
 その会社を知りたい時に、大切にしていることは何なのかを見てみる人が多いということです。
でも覗いた後の感想は大半が、なんとなくいいことを言っているけど、よく意味が分からない。

 お約束コンテンツだけどあまり意味がない。
 殆どのホームページではそういう感じになっています。
 式典の挨拶みたいに定型の決まり文句に近いですね

 でもだからこそ、経営理念のページを使って、違った印象を与えることができると思います。
 心を鷲掴みにするメッセージを用意して、このページで差別化や
 意外性をアピールできたりします。

近日公開終了します

営業マンが一人も居ない非常識な広告代理店
印刷会社とリフォーム会社を作った
集客の専門家が明かす
ブログには書けない経営手法の秘密、テクニックを公開します。

(無料)営業マンを雇わない会社経営テクニックを請求する

 

一番見られる「社員ページ」

一番見られる「社員ページ」

中小企業の会社案内のホームページで一番見られるページはどこでしょうか?
多くの会社が「社員紹介」のページです。
 
中小企業の場合、通常「その会社を知りたい」という目的でホームページを見る人が多いです。
採用情報目的か、潜在的な取引先でその会社のことを調べているかということがほとんどでしょう。
その時に一番見られるコンテンツは社員です。
社員をみて「その会社」を知ります。

 社員紹介ページは、その会社のことを伝える最大のコンテンツですから、誰を出すのか、どのように見せる演出をするか、どんなことを伝えたいのかなどをじっくり考えておいたほうがよいでしょう。

個人情報の観点など、色々難点は出てくると思いますが
全員が出せなくても代表的なタイプの社員を見せることは出来るでしょうし
1人1人顔出ししなくてもどんな社員がいるのかの統計データを出すこともできるでしょう。

経営陣だけを出すにしても見せ方はいくらでもいろんな表現ができます。

問い合わせを取るためのホームページや、受注に繋げるホームページでは
人の顔が見える化見えないかでずいぶんと集客力に違いが出てきますので
どうやって人を見せるか検討してみてください。

近日公開終了します

営業マンが一人も居ない非常識な広告代理店
印刷会社とリフォーム会社を作った
集客の専門家が明かす
ブログには書けない経営手法の秘密、テクニックを公開します。

(無料)営業マンを雇わない会社経営テクニックを請求する