ホームページを見に来た人にどんな印象を与えたいのか?

ホームページを見に来た人にどんな印象を与えたいのか?

 会社案内のサイトを作る!と意気込んでもあまり深く考えていない会社案内のホームページが多いです。「ホームページを作る行為」が目的になっているので「どこの誰に、どんな印象や情報を伝えたいか?」「面白い!」と思わせたいのか「仲が良さそうな会社だ」と思わせたいのかなど。そこを言語化することを考えてみてください。
 それだけでデザイン、コンテンツ案、サービス対応など、今後全ての制作指針になります。入念にできているかどうかでずいぶんと出来上がるものの印象が違ってきます。

 言い換えれば、自社のブランドイメージを考えることとも言えます。
 自社のブランドイメージが確立されていない、あるいはどんな風に思われたいのかイメージを持っていない場合、言語化の過程で会社のロゴマークなどのイメージ物の見直しなど、根本的なところまで掘り下げて見直したほうがよいこともあります。

近日公開終了します

営業マンが一人も居ない非常識な広告代理店
印刷会社とリフォーム会社を作った
集客の専門家が明かす
ブログには書けない経営手法の秘密、テクニックを公開します。

(無料)営業マンを雇わない会社経営テクニックを請求する