税金がかからない「形のない資産」の秘密

Pen

こんにちは。
田中です。

ホームページに集客をやらせて
自動的にお客さんが増えるようにしたいですか?

私は印刷会社やリフォーム会社をやっていますが
ホームページだけの集客して立ち上げました。

それを知り合いづてに聞きつけた人が
「その方法を教えてくれ」とか
「ホームページを作ってくれ」とか
言われるので、お手伝いすることがあるのですが
そのなかでよくある残念な例を紹介します。

もし、あなたが似たようなことを考えていたとしたら
同じ罠にはまらないよう、注意してください。

■私
「ホームページを作るのに写真素材を用意してください。
素材集ではなく、オリジナルの写真素材で、撮影してください。」

■クライアント
「とりあえず素材集から適当に入れておいてもらえませんか?」

■私
「お客様の声が実名写真入りで掲載されていると
 反応率が高くなりますので、用意をお願いします。
 A4で記入してもらえるようにテンプレートをお渡ししますので」

■クライアント
「お客様の声はなかなか集まらないし写真掲載も断られるので
 とりあえず似顔絵とかイラストで入れておいてもらえませんか?」

と言った感じです。

「集客に直結するから」用意をしていただく必要があるという意味です。
無意味にとりあえず用意しておいてください。とは言いません。

ホームページ制作を請け負っている時によくあるのですが
とりあえずイラストか何かで何とかなりませんか?
とか言われますが、目的がとりあえず
ホームページを完成させることならそれでOKでしょうね。

ホームページぽい見た目にはなります。
とりあえずホームページは完成したことになるかもしれません。

もし、あなたがこういうことを考えたことがあったとしたら
一呼吸置いて考えてみてください。

そのホームページのゴールって何でしたっけ?

たいていのホームページの目的は
「問い合わせを増やしたい」
「売上を増やしたい」
「資料請求を増やしたい」
といったように、ご新規さまを増やすことを目的にしています。

「反響を増やしたい」
と思っているのだとしたら
とりあえずイラストで。ってお茶を濁したような感じで
やってる場合じゃないです。

商売のためにやってるなら
もう少しその辺りの考えを改める必要があります。

「お客様をガンガン集めましょう」
が目的のホームページなら

オリジナルの写真とか文章が
最重要事項です。

例えば写真一つとっても
スマホで適当にパシャパシャとったものと
一眼レフでバシッと撮ったものでは
全く見栄えが違いますし
本当ならプロカメラマンを連れてきて
撮影してもらうのがベストでしょう。

毎回プロに頼んでいたら大変なので
ちょっといいコンパクト一眼レフカメラ
とかを買っておいて、使い方を覚えるくらいの
心構えになっていただいたほうが良いです。

文章や写真は、一度作ってしまえば
それはあなたの無形の資産です。
著作権で保護された財産になるということです。
誰にも奪われることがありませんし
税金もかかりません。

その資産をうまく活用すれば
ありえない金利を生み出し続けてくれることでしょう。

コンテンツに価値を感じられる思考に切り替えることが
あなたがホームページで集客できるかどうかの重要なキーポイントになります。

近日公開終了します

営業マンが一人も居ない非常識な広告代理店
印刷会社とリフォーム会社を作った
集客の専門家が明かす
ブログには書けない経営手法の秘密、テクニックを公開します。

(無料)営業マンを雇わない会社経営テクニックを請求する