CrucialのSSD(CT250MX200SSD1)をMacBookでスピードテスト

      2015/10/17

image

CrucialのSSD(CT250MX200SSD1)
inateck製USB3.0HDDケースUASP対応(FEU3NS-1E)に入れて
Anker製USB3.0対応HUB(AH232)経由で
MACBookProRetina15インチ(Mid2012)に接続して
スピードテストをしてみました。

メモとして残しておきます。

DiskSpeedTest外付けUSBハードディスクでこれだけ出てれば十分すぎます。

Readで417MB/秒
Writeで357MB/秒

(Macbook内臓のSSDの方がReadもWriteも遅いです。)

VmwareFusionとかParallelsのような仮想PCでWindowsを入れて動かそうとすると64GBとか128GBくらいは容量を使ってしまうので、こういった外付けのケースにSSDを挿して使うのは快適で良いです。

2015/05/09現在、コスパだけ考えるとベストな選択かなと感じます。

 

今回使用した組合せは下記の通りです。

SSDもケースも開封して工具も何も使わずに1分で設置完了してUSBケーブルを差し込めばすぐ認識しますので、何も考える必要がありませんでした。

 

いまどきの薄型ノートPCはSSDの容量が少ないので、容量に困っていて、なおかつ
「容量が大きいファイルを大容量のファイルを頻繁に読み書きする」
「主に動画とか仮想PCのファイルとかを持ち歩いて外出先でも仕事をしたい」
という方にはオススメです。

近日公開終了します

営業マンが一人も居ない非常識な広告代理店
印刷会社とリフォーム会社を作った
集客の専門家が明かす
ブログには書けない経営手法の秘密、テクニックを公開します。

(無料)営業マンを雇わない会社経営テクニックを請求する

 

 - ビジネスガジェット(機材・グッズ), 仕事がはかどるIT経営