我慢する関係は終わらせる

      2015/07/18

こんにちは、田中です。

 

あなたは嫌だったりストレスを感じる人間関係を
我慢して継続するタイプですか?

それとも関係を終わらせるタイプですか?

 

 

理想的なのは、お互いに我慢のない関係です。

または

お互いに我慢することが多少あっても、
共に頑張る関係です。

 

世間を見ると片方は言いたい放題やりたい放題で、
もう片方が我慢しっぱなしの例がよくあります。

 

例えば、社長が理不尽なことでも言いたい放題やりたい放題で
社員が我慢しながら働いてるみたいな感じです。

家庭なら奥さんが全て自分の思い通りにしようとして、
旦那さんが我慢している

というのもよくあります。

 

「我慢し続けてしまう人」が多いのですが
ストレス無く暮らすためには、
大半の我慢する関係は終わらせた方がいいです。

ちょっと探せば、我慢せずに働ける場所や、
我慢せずに付き合える相手が見つかります。

そういった相手と過ごしたほうが
ストレス無く暮らせるからです。

 

真面目な人ほど我慢するので
我慢グセがついていてストレスを多面混んでいることがおおいのですが
そのままでは永久に辛い思いをすることになります。

我慢の日々が続いた場合には、思いきって関係を終わりにすることをオススメします。

 

私も、我慢してしまう方ですが、
「この関係は改善しない」と確信したら、
あきらめて関わらないようにするようにしています。

相手が辛いと感じていることが分かっているのに
何とも思わない人はそう簡単に変わりません。
その人と一緒にいても、辛い思いをするだけだからです。

 

 

ちなみに「居心地の悪い場所や関係=成長のチャンス」という考え方があります。
これはその通りで、多少負荷がかかっているくらいの状態に慣れた方が
スキルや能力が強化されます。

人間関係に置いても同じことが言えますがここで
「1つのことにフォーカスする」
という考え方を念頭に置いておいてください。

 

ストレスや辛い人間関係が複数あるとしたら
「この人との関係性で自分は成長できる」と
感じることが出来る関係に絞ってフォーカスする。

ということです。

 

誰にでも八方美人になって我慢する生活とサヨウナラして
自分のメンタルやスキルの向上が感じられる我慢を意識するようにしてください。

近日公開終了します

営業マンが一人も居ない非常識な広告代理店
印刷会社とリフォーム会社を作った
集客の専門家が明かす
ブログには書けない経営手法の秘密、テクニックを公開します。

(無料)営業マンを雇わない会社経営テクニックを請求する

 

 - 経営