フロントエンド集客商品選作りのポイント

「フロントエンド商品」は「見込み客集めのために販売する集客商品」です
対するもので「バックエンド商品」があり利益を出すための「本命商品」です。

販売したい商品が高い金額の場合や、買うハードルが高い商品の場合に
最初から本命の商品を売るのではなく
安い金額の「フロントエンド商品」を用意して、一度買ってもらって
見込み客から既存客に変わってもらった後で
本当に売りたい商品を紹介していくというテクニックです。

ホームページ集客でも
「フロントエンド商品」の設定は非常に重要で
ネット検索で見ず知らずの会社から、高い商品をいきなり買うのは
ハードルが高いですが、安い商品なら買いやすくなります。

既存顧客になってもらってから
バックエンド商品につなげるための
マーケティングを組んでいきます。

フロントエンド商品を用意する場合のポイント

1.リスクがない

フロントエンド商品は見込み客集めが目的です。
商品単体で売れても利益が出ない収支プラスマイナスゼロ
くらいで調度よいです。

「この値段なら買ってみてもいいかな」と思えるような
値段の設定が良いです。

スーパーの折込チラシで
1日毎に特売商品を出したりしていますが
あれも同じ理屈で
お店からすると多少赤字が出てもその商品を目当てに
買いに来てくれたお客さんが
他の商品(バックエンド)を買ってくれれば
トータルで利益が出ますよ。
という感じです。

他にも英会話スクールとかパソコン教室で
「初回無料お試しレッスン」とかいったものも
フロントエンドみたいなものです。

無料なので当然赤字になりますが
最終的にスクールに入学してもらえば
フロントエンド商品の赤字を回収できるように
設計されています。

フロントエンド商品=0円
という例です。

2.わかりやすくて魅力を感じられる

フロント商品は、分かりやすくて魅力を感じられるものにしてください。
欲しくないものはタダでも要らないのです。

特に、バックエンド商品が説明が難しい商品の場合
わかりやすいフロントエンド商品を設定してお客さんを集めます。

たとえば私が行っている「教える(コンサルティング)」という商品は
無形の商品なので、どんなことをしてくれるのか、効果は得られるのか
などが「わかりにくい商品」です。

よくコンサルタントの先生がやる手法は
フロントエンド商品として
「書籍」「DVD」「無料セミナー」に
ノウハウをまとめて販売します。

ノウハウの一部を、低価格で
「フロントエンド商品」としてばらまくことで
バックエンド商品につながるお客さんを集めます。

近日公開終了します

営業マンが一人も居ない非常識な広告代理店
印刷会社とリフォーム会社を作った
集客の専門家が明かす
ブログには書けない経営手法の秘密、テクニックを公開します。

(無料)営業マンを雇わない会社経営テクニックを請求する

 

コメントする

CAPTCHA