売れて集客できるページの記事を手に入れる方法

   

ホームページやFacebook、twitter、最近だとinstagramとかでも集客できる。
という事例が出てきていますが
これらの記事で集客する方法に全てに共通する、最重要スキルは何かご存知でしょうか?

一言で言ってしまえば
「お客さんが本能的に反射的に思わず読んでしまうコンテンツを作ること」です。
言い換えると「売れる文章」ということにもなると思います。

 

あなたは売れる文章がかけますか?

わたしは文章を使って売るスキル=コピーライティングを体系的に勉強して
それなりに扱えるようになったことで、最低年収1000万円を下回ることはなくなりました。

なぜかというと文章で売るスキルを手に入れると、自動的に営業セールススキルも習得できてしまうからです。

 

難易度で言えばどちらかというと文章で売るスキルのほうが高いです。

なぜなら、営業セールスは対面相手の表情や雰囲気を感じ取りながら
相手に合わせて最適な言い回しや表現を選択して伝えることができます。

ですが、文章ではそうはいきません。

 

書いた文章は書いたとおりにしか相手には伝わりません。
読み手によって解釈も変わってきます。

その中で相手に財布から現金を出させる必要があるのです。

 

状況が見えない中でお客さんのリアクションを想像しながら
営業トークを文章化するスキルがコピーライティングです。

 

ですので、インスタントにテンプレにしたがって穴埋めすれば
売れるコピーが書けますとか、そういったことは基本的に無い。
とあなたには認識していただきたいところです。が

実際ホームページやFacebookでネットを使って集客して
店舗や会社の集客をしようと思うと、そこから逃げるわけに行きません。

 

社長や営業責任者がやれば一番効果が高いのは間違いないですが
通常は社員に「キミが責任者だ!あとはよろしく頼んだ!」
と責任を押し付けて、成果を追求している社長が多々おられます。

 

そんな社長のために、
社員にやらせてさえも、ここだけ抑えておけば
売れる文章というか、集客できてお客さんに訴求できる記事ページを
社員が作れるようになる方法をご紹介します。

 

今回はこちらのページに記事として
入れてありますので続きを読んでおいてください。
集客力のあるページの作り方

近日公開終了します

営業マンが一人も居ない非常識な広告代理店
印刷会社とリフォーム会社を作った
集客の専門家が明かす
ブログには書けない経営手法の秘密、テクニックを公開します。

(無料)営業マンを雇わない会社経営テクニックを請求する

 

 - コピーライティング