ニッチ分野のコンサルタントのための手堅いビジネスモデル

ニッチ分野のコンサルタントのための手堅いビジネスモデル

こんにちは。田中です。

 

今日はクライアントである分野で月額課金型コンサルティングのビジネスモデルを
短期間で立ち上げて結果を出す方法をアドバイスしました。

 

コンサル起業を考える方が最近増えていると思いますので、参考までに
ある程度ぼかして転記しておきます。

ご参考ください。

コンサル起業で成功する方法

ーーーーーー

年末に向けて短期間ですので集中して結果を出しましょう。
都度進捗を教えていただければサポートしますので。

来年は○○先生の月額**万円~**万円会員制ビジネスをモデリングして
海外の○○(日本人が運営しているサービス)、国内の○○
********系、***系、*****系に対して
相談業+**をセットで提供できるように目指してください。

請求は○○代にしておけば解約リスクが下がります。
○○を活かすためには○○屋に任せるのではなく、○○のコンサルに任せたほうが結果が出ます。
という文句でセールスすれば契約はとれます。

先生のポジションを取る必要があるので「結果」が必要です。
そのために○○○○は最適な材料です。

モデリング先は
・○○先生
・○○さん
です

それで結果が出たら、今現在の****さんと同じ境遇にある*****の社長に
「○○付きコンサル」のやり方を教えてお金をもらってください。

ーーーーーー

リスクがなく安心できる少額コンサルティングビジネス

殆どのマンパワーで頑張る系の中小企業におすすめなのは
少額のコンサルティングビジネスで月額数万円をもらい、それを20社くらい持つ。
という方法です。

5万円で20社いれば、100万円です。

ほぼ粗利ですので、これで解約リスクが下げるポイントだけ埋め込んでおけば安心して好きなビジネスができるようになります。

近日公開終了します

営業マンが一人も居ない非常識な広告代理店
印刷会社とリフォーム会社を作った
集客の専門家が明かす
ブログには書けない経営手法の秘密、テクニックを公開します。

(無料)営業マンを雇わない会社経営テクニックを請求する

 

コメントする

CAPTCHA