QNAPのRAID5のHDDが故障したので交換(ホットスワップ対応)

   

QNAPのRAID5のHDDが故障したので交換(ホットスワップ対応)

印刷会社、ホームページ制作会社、リフォーム屋を
経営している事務所で使用しているメインのファイルサーバーNAS
QNAPの Turbo NAS TS-451に入れてあるハードディスク
が故障の兆候が出たため交換したときの方法を紹介。

構成はWestanDigital製のNAS用ハードディスクRED3TB×4台
をRAID5にて運用していました。

QNAPのNASはホットスワップ方式の交換に対応していますが
今回はシャットダウンさせてから、ハードディスクの差し替え。

電源を入れるだけで新しいハードディスクを認識して
自動で再構築し、通常通りに使えるようになります。

RAID5の場合、1台が壊れても、そのまま使用し続けられるので
再構築中も業務に支障はありません。

3TBのHDD再構築にかかった時間は約9時間

交換したのが12時頃で、RAID再構築の終了の通知が表示されたのが21時ごろでした。

ちなみに、このQNAPのNASでHDDを換装する場合
各ハードディスクを順番に差し替えて再構築を繰り返していけば
総容量をアップグレードさせることが可能です

例えば、現在は3TB×4台×RAID5で約9TBのHDDとして使用しています。

これを6TBに1台ずつ順番に交換+再構築を4回繰り返すと
6TB×4台×RAID5で18TBのHDDとして使用することが出来るようになります。

個人向けのNASよりスペックが高めに設定されているので高速で快適

QNAPは既製品のNASよりスペックが高めに設定されているので
容量の大きいデザインや動画のファイルを扱う広告会社や
CADのファイルを扱うリフォーム会社でも問題なく快適に使用できます。

1GBのLANで有線接続した状態でMacbookProから
接続すると最大で150MB/秒程度の速度が出ます。

これはUSB2.0のハードディスクと接続した場合とほぼ同じです。

10GBのLANに対応したものに変えれば、おそらくUSB3.0に
接続したSSDと同等の300〜500MB/秒の速度が出るのではないかと思います。

2017年か2018年にはそうなるのではないかと思うので
またアップグレードしたらご紹介します。

小規模オフィスのNASにはQNAP推奨

QNAPはSOHOや10人程度のオフィス環境ではかなりおすすめです。
ちなみに、私の会社で利用しているNASはメモリ増設済のものを使用しています。

【交換したHDD】
WESTERNDIGITAL の WD HDD 内蔵ハードディスク 3.5インチ 3TB WD Red WD30EFRX SATA3.0 5400rp
Amazon → http://amzn.to/2fRUVuc

【QNAP NAS】
QNAP(キューナップ) Turbo NAS TS-451 メモリ4GB搭載 Celeron 2.41GHz デュアルコアCPU
Amazon → http://amzn.to/2fRWat1

 

近日公開終了します

営業マンが一人も居ない非常識な広告代理店
印刷会社とリフォーム会社を作った
集客の専門家が明かす
ブログには書けない経営手法の秘密、テクニックを公開します。

(無料)営業マンを雇わない会社経営テクニックを請求する

 

 - ビジネスガジェット(機材・グッズ)