地域ビジネスWEB集客のためのSEO対策2018夏

最近の傾向で以前からさらに強くYoutube動画が
検索で優遇される傾向が出ています。
動画自体がSEO順位で優先的に上位表示される傾向があります。

動画のタイトルに入れた文字が特に
SEOに反映されやすい傾向です。

SEOも大事ですが、反響を取るという観点から
動画を見た人が信用してくれやすく
結果的に反響につながることが多くなっています。

あらゆるビジネスで
ほぼ100%保証できるレベルで
反響効果が見込めますので
積極的な動画活用を検討してみてください。

 

一番効果的なのは
見込み客が困っているテーマに対して
ワンポイントアドバイスやミニセミナー形式で
スライドを映しながら講義する動画
が一番反響につながりやすいです。

 

なお、SEO全般については
先週にGoogleの順位決定仕様に
若干の変動があり、大まかな
傾向としては以下の通りとなっております。

 

SEO対策については
複数の要因がありますが

主要なで重要となる基本は以下の3点です。
・更新頻度
・ページごとの情報量(文字・画像・動画)
・別ドメインサイトからのリンク

長文重視からページ数重視に変わっています。
ページ数が多い、定期的に増加しているサイトが条表示されやすい
ということです。

変動前はサイト内に短文記事が多いと順位が下がるので、
短文記事をまとめて長文記事にするのが効果的でした。

今回はそれが緩和されています。
短文記事が多くても順位が下がりにくくなっています。

Googleが評価するページの文字量や質については
2017年2月からの評価でサイト単位で行う傾向が強くなっています。
単一のページに入っているコンテンツ
(文字量、文字の単語成分、画像、Youtube動画、他のページへのリンク、後日更新があるかどうか)
で評価するようになっています。

ページあたりの文字量が少ないページを2017年2月以降のGoogleは
「閲覧者を満足させるだけの情報量がない薄いコンテンツ」
という評価をする傾向が強くなっています。

文字量が多くなると単純に閲覧者の閲覧滞在時間が長くなる傾向にあり、
そのデータをGoogleがユーザーのスマホやChromeブラウザから取っています。

同じ文章量でもユーザーの滞在時間が長いページほど
上位表示するような仕様があると言われています。

具体的な記事につきの文字量の目安は
最低800文字、標準で1500文字、できれば2000~3000文字の記事を作る。
更新頻度が落ちても200文字の薄いページが増えるより
更新回数を1/4にして800文字の記事を1本アップしたほうが効果はあります。

サイトやページへの閲覧者の滞在時間が長いほうが有利になる傾向から
ページ内にYoutube動画を貼っておくことが非常に有効になっています。

またYoutube動画の説明文からサイトへリンクを貼ることができるので
サイトへの被リンクを増やすという観点からも有利になります。

Googleの収益源としてYoutubeがかなり伸びてきている点からも
GoogleはYoutubeをSEO的にも優遇する傾向があり
あるキーワードで検索したときに検索結果の一覧に
Youtubeの動画が表示されることがあります。

Youtubeのタイトルが最もSEOに有効ですので
検索で上位表示させたい単語をタイトルに入れた動画を
Youtubeにアップして、その動画をブログやサイトに貼り付けておくことが
直近で有効なSEO対策になります。

一番最初にお愛した際にお伝えしたかと思いますが
1サイト(メインキーワード1種)で集客できる
見込み客の数には上限があります。

自発的に検索している人口の上限以上には
SEOで集客できないからです。

ですので集客数を増やすためには
集客対象となるテーマ、キーワードを
横展開で増やすのが一番の近道となります。

ある程度、定期的に反響が取れるようになったら
その状況を維持したまま、
新たに集客を検討されるテーマやキーワードを増やす
と長期的に集客が安定しますので

近日公開終了します

営業マンが一人も居ない非常識な広告代理店
印刷会社とリフォーム会社を作った
集客の専門家が明かす
ブログには書けない経営手法の秘密、テクニックを公開します。

(無料)営業マンを雇わない会社経営テクニックを請求する

 

電話で競合他社の接客スタイルを暴く

とある食品メーカーのクライアントに伝えた内容の控えです。

 

※クライアントの詳細がわからないよう一部改変済みです。

—–

見込み客が感じている不安に
「原料が疑わしい」という表記があるのですが
「電話応対の品質や特徴」の調査と合わせて
「商品の検討をしている見込み客のフリ」をして
実際に競合他社のネットショップに電話問い合わせのをを入れてみてください。

想像で競合他社を調べたつもりになって調査用のエクセルシートを埋めるのではなく、
できるだけ現実に近い情報を埋めて「他社と自社」を客観的に把握できる情報を入手してください。

電話で問い合わせる際にスマホでスピーカーフォンモードにして
別のスマホで通話中の風景を録音しておいていただくと効果的です。

例えば同じ電話応対の風景、音声を見聞きしても、
田中さんが感じる印象と、他のスタッフの方が感じる印象が違うからです。
受け取る印象や情報の違いのことをバイアスと言いますが、
簡単に言えば全員が「先入観と偏見」を持って情報を受け取ります。

複数人で同じ情報を見聞きして、客観的に各他社の良いところ悪いところ、
自社の弱い所、攻めどころを把握してください。

自社の弱みと強みをハッキリとホームページや広告宣伝ツール、
パッケージに反映させることがお客さんにとって買いやすいサイトや商品になります

—–

 

ということで、クライアントに推奨することが多い内容として

「録音」「録画」があります。

 

自分のプレゼンを録音して聞き直してみる。

同業者の接客を録音して文字起こししてみる。

 

これをすると非常に客観的に自分や競合他社のことを見られるようになります。

 

私が関与する前のクライアントの殆どは「客観性」がなく「思い込み」「先入観」が非常に強いことが多いです。

特に今の時代は「自分が」ではなく「見込み客が」を軸にすべてを考える必要があります。

 

言ってしまえば自己中心を捨て去ることです。

 

そのために一番効果的なのは「録画・録音」です。

 

営業セールスを強みにするような会社では必ず
営業シミュレーションのロールプレイングを行って
それを録画して見直したり、トップセールスのプレゼンを収録して新人が同じようにできるようになるために
何度も繰り返してビデオ学習する。ということがあります。

 

まぁ、普通の社員の方は嫌がりますけどね。

自分を直視する。というのはストレスを感じるものだと思います。

 

そのストレスを乗り越えるだけで劇的にライバルとの差をつけられるので
やるかやらないかで、収入の差が出てしまう。という感じです。

 

 

ご参考まで

近日公開終了します

営業マンが一人も居ない非常識な広告代理店
印刷会社とリフォーム会社を作った
集客の専門家が明かす
ブログには書けない経営手法の秘密、テクニックを公開します。

(無料)営業マンを雇わない会社経営テクニックを請求する