「頭とチンポは生きているうちに使え」HONDA(創業者)本田宗一郎

隠れた名言と言われている本田宗一郎氏の発言です。

 

あなたは擦り切れるほど使ってますか?

 

特に脳ミソへの投資は限界まで行うという方針なので
高額なサプリメントを大量摂取したり
高額なセミナーに躊躇しながら参加したり
することもあるのですが
基本的に脳ミソは使えば使うほど強くなるのです。

 

肉体はオーバートレーニングになると故障することもあるので
注意が必要だったり、チンポも使いすぎれば体内の微量元素が急激に減少して
パフォーマンスが下がるので注意が必要です。

 

ですが、脳ミソに限ってだけは
適切に栄養を摂取して、血流を良くして新鮮な酸素を大量に送り込みさえすれば
ドンドンハイスペックになっていくのです。

 

脳が何かを考え、あなたの肉体を動かした結果
日常のあなたが存在してます。

 

ですから、他人から見られているあなたは、あなたの脳ミソのアウトプット物です。

つまり、脳ミソのアウトプットの質を高めることができれば、あなたの人生の質は向上売るということです。

 

頭も身体も生きているうちにしか使えませんから
使えるうちにガンガン使ってください。

使おうが使うまいが死ねば腐って溶けてどろどろの
医療廃棄物になってしまうだけですから。

 

普段から頭も身体も使わないで負荷のない
温存型の人生を送っているなら、ガンガン負荷をかけて行ってください。

歳をとって思うように動かなくなってからでは遅いですからね。

近日公開終了します

営業マンが一人も居ない非常識な広告代理店
印刷会社とリフォーム会社を作った
集客の専門家が明かす
ブログには書けない経営手法の秘密、テクニックを公開します。

(無料)営業マンを雇わない会社経営テクニックを請求する

 

確実に記憶する長期記憶テクニック

記憶力をアップさせたいですか?

一夜漬けのような短期的な記憶ではなく
一生忘れない、自由に使いこなせる記憶、長期記憶を使いこなすためのテクニックを公開します。

 

このサイトを訪れる、お子さんの未来を少しでも良いものにしたい。
と考えている親御さんたちにとって最も関心の高い要素は

学習能力を上げる。
成績を上げる。

ということですが
このことを考えた時に最重要スキルとなるのが「記憶力」です。

 

せっかく何時間も勉強しても

忘れたら水の泡

です。
夜食を作ってあげたりして応援しても全て無になってしまうのです。

 

人間の頭の回転スピードや思考は記憶の組み合わせから来ているものですから
記憶されている情報の量に比例します。

つまり、長期記憶に持っているインフォメーションが多ければ多いほど
それだけで頭が良い子供になる。ということです。

 

長期記憶については、Amazonなどで記憶に関する本を読んでいてただければ
ある程度の知識は手に入れることができますが、実践レベルで
じゃぁ、どうしたらいいんですか?
というアクションステップが抜け落ちているものが多いです。

ですので、こちらでその具体的なステップを紹介しようと思います。

正直、このテクニックを手に入れるだけでも偏差値がアップしてしまうテクニックですので
公開するのは惜しい気持ちもありますし、躊躇しながらこの記事を書いているのですが
結果的にこのテクニックを利用して喜んでくださる方も多いと思いますので
公開しようと思います。

テクニック1 リラックス

何かを記憶しようとしている時に、
情報をインプットするときに一番大事な最初のステップが
「リラックス」をすることです。

ものすごく記憶力が良い人、ものすごく暗記して、
ものすごく頭が良い人というのはリラックスしている人なんです。

眉間にしわを寄せてムーーーとなっているような状態
肩に力が入ってギーーーとなっているような状態
緊張したりストレスが入っているような状態というのは

脳が腫れたような状態、膨張したような状態になっていて
血液の循環が悪くなるのです。
酸素や栄養素が脳細胞に運ばれなくなり酸欠状態になってしまうのです。

リラックスしている状態というのは脳のシナプスが一番活性化する状態なのです。

陽気な顔をしてヘラヘラしているくらいのほうが記憶力が良くなるということです。

覚えようとしている時に
自分の学習能力に対してもっとポジティブになる。
ポジティブな感情を持ちながら学習記憶に望むということです。

 

 

 

テクニック2 繰り返す

この繰り返すことをなんとなくしか認識していない人が非常に多いですが
繰り返さないかぎり絶対に記憶できません。

15回繰り返してください

単語を1回見ただけで覚えることは絶対にできません。

長期記憶に定着させるためには繰り返しが絶対に必要になります。

 

逆に15回繰り返すだけで長期記憶に定着させることが出来ます。

文章のパターンや単語、数式もリラックスして15回繰り返して学習することで記憶に定着させることができるのです。

殆どの人が15回やっていないから覚えられていないだけです。

つまり、単語を覚えるときに15回繰り返すということをシステムとして作ってしまえば記憶できる。ということです。

100回でもなく1000回でもなく、たったの15回をシステマチックにするだけでよいのです。

ちまたの学校や塾、スクールで成果が出ないのは
記憶する作業をやらせていないからです。
時間をかけて記憶することをやらせていないのです。

時間をかけて記憶する。というのも重要なコンセプトで
1日で15回繰り返す学習と
15日かけて15回繰り返す学習では
15日かけたほうが効果が高いのです。

 

優秀な先生や塾を選ぶことも大事といえば大事ですが
そもそもお子さんに「リラックス」した状態で「15回繰り返して学習」する環境を提供する。
ということをするだけで、飛躍的に偏差値をアップさせることが可能だということです。

この辺りの詳しい話を解説しだすと2時間位のセミナーができてしまうボリュームになってしまうので
全てを書くことは出来ないのですが、ようするに「リラックス×15回繰り返し」で記憶力がアップする。ということです。

 

この2つは入門レベルのスキルなのですが、実は他に初級テクニックが3つあります。
このテクニックを手に入れると、寝て起きた時には学習が完了している
というありえない上級テクニックにも通じるテクニックで、おそらくどこの塾や学校の先生でも
知り得ないテクニックがあります。

詳細が気になる方は、こちらで近日公開すると思いますので
メールを登録して請求しておいてください
非常識な脳機能向上テクニック

近日公開終了します

営業マンが一人も居ない非常識な広告代理店
印刷会社とリフォーム会社を作った
集客の専門家が明かす
ブログには書けない経営手法の秘密、テクニックを公開します。

(無料)営業マンを雇わない会社経営テクニックを請求する