QNAPのRAID5のHDDが故障したので交換(ホットスワップ対応)

QNAPのRAID5のHDDが故障したので交換(ホットスワップ対応)

印刷会社、ホームページ制作会社、リフォーム屋を
経営している事務所で使用しているメインのファイルサーバーNAS
QNAPの Turbo NAS TS-451に入れてあるハードディスク
が故障の兆候が出たため交換したときの方法を紹介。

構成はWestanDigital製のNAS用ハードディスクRED3TB×4台
をRAID5にて運用していました。

QNAPのNASはホットスワップ方式の交換に対応していますが
今回はシャットダウンさせてから、ハードディスクの差し替え。

電源を入れるだけで新しいハードディスクを認識して
自動で再構築し、通常通りに使えるようになります。

RAID5の場合、1台が壊れても、そのまま使用し続けられるので
再構築中も業務に支障はありません。

3TBのHDD再構築にかかった時間は約9時間

交換したのが12時頃で、RAID再構築の終了の通知が表示されたのが21時ごろでした。

ちなみに、このQNAPのNASでHDDを換装する場合
各ハードディスクを順番に差し替えて再構築を繰り返していけば
総容量をアップグレードさせることが可能です

例えば、現在は3TB×4台×RAID5で約9TBのHDDとして使用しています。

これを6TBに1台ずつ順番に交換+再構築を4回繰り返すと
6TB×4台×RAID5で18TBのHDDとして使用することが出来るようになります。

個人向けのNASよりスペックが高めに設定されているので高速で快適

QNAPは既製品のNASよりスペックが高めに設定されているので
容量の大きいデザインや動画のファイルを扱う広告会社や
CADのファイルを扱うリフォーム会社でも問題なく快適に使用できます。

1GBのLANで有線接続した状態でMacbookProから
接続すると最大で150MB/秒程度の速度が出ます。

これはUSB2.0のハードディスクと接続した場合とほぼ同じです。

10GBのLANに対応したものに変えれば、おそらくUSB3.0に
接続したSSDと同等の300〜500MB/秒の速度が出るのではないかと思います。

2017年か2018年にはそうなるのではないかと思うので
またアップグレードしたらご紹介します。

小規模オフィスのNASにはQNAP推奨

QNAPはSOHOや10人程度のオフィス環境ではかなりおすすめです。
ちなみに、私の会社で利用しているNASはメモリ増設済のものを使用しています。

【交換したHDD】
WESTERNDIGITAL の WD HDD 内蔵ハードディスク 3.5インチ 3TB WD Red WD30EFRX SATA3.0 5400rp
Amazon → http://amzn.to/2fRUVuc

【QNAP NAS】
QNAP(キューナップ) Turbo NAS TS-451 メモリ4GB搭載 Celeron 2.41GHz デュアルコアCPU
Amazon → http://amzn.to/2fRWat1

 

近日公開終了します

営業マンが一人も居ない非常識な広告代理店
印刷会社とリフォーム会社を作った
集客の専門家が明かす
ブログには書けない経営手法の秘密、テクニックを公開します。

(無料)営業マンを雇わない会社経営テクニックを請求する

 

Amazonビデオダイレクトに動画をアップロードするだけで稼げる?

ビデオを作ってamazonで公開するだけで稼ぐ方法が誕生しそうです。

Amazonは大量のユーザーのアカウントと決済を握っています。
最近キンドルでの出版が活況になり始めていますが
数年後に同じ状況がビデオコンテンツでも起こってくるでしょう。

また、Amazon自体が検索対策をしているのでSEO的にも
自動的に見込み客が集まりやすい状態になっています。

ユーチューバーのように個人がタレント化して
広告収益でビジネスになるのがYoutubeなのは
今後も変わりません。

ですがタレントになれない人や裏方の人にも
ビデオで稼げる、動画を作って儲かる。
という時代の大きな波が来ます。

ユーチューバーはタレントになる、放送局を作る。
ですが
Amazonビデオダイレクトは出版社を作る。
「価値のあるコンテンツを出版する」
が次のキーワードです。

近日公開終了します

営業マンが一人も居ない非常識な広告代理店
印刷会社とリフォーム会社を作った
集客の専門家が明かす
ブログには書けない経営手法の秘密、テクニックを公開します。

(無料)営業マンを雇わない会社経営テクニックを請求する