肉の記事に質問をいただきました

昨日の肉の記事に質問をいただきました。

 

質問への返事には具体的な事例も書いたのですが
こちらでは割愛させていただきます。

共有するのは
「オンライン販売に興味あります。」
という質問の一文に対する回答です。

———-以下回答————

「物」を仕入れるか、自社で作って売るか?
自社のノウハウや知識を「教材」として商品にして売るか?
で、根本的なビジネスの組み立て方が変わってきます。

もちろん、物と教材を組み合わせて
「独立開業キット」みたいにして売るのもありだと思います。

 

意外と忘れている人が多いのですが
インターネットのパソコンの画面の
向こう側にいるのは「人」なんです。

メールで「オンライン販売に興味があります」とのことでしたが
オンラインでもオフラインでも商品を買って
受け取るのは「人(お客様)」ですから
ネット販売ではなく「物販」として捉えていただいたほうが
発想が広がって良いと思います。

店頭で試験販売してリアクションが良かったものをネットで売る
とか
ネットで評判のいいものを仕入れて店頭で売る
ということです。

 

ネット販売に限らず「売る努力」を最小限にして
できるだけ楽をしたい。とお考えであれば

・「欲しい」と思っている人が誰か?が明確な商品
・「欲しい」と思っている人の数が一定数以上いる商品
 (市場がある程度大きい)
・「用途」が限られている専門商品(万能ではなく専門)

などを、あらかじめ選んでからスタートしたほうが良いです。

どうやって売るか?の前に
「何を、どこの、誰に売るか?」
を先に決めるということです。

 

売るものが決まったら
ネット上に商品紹介を掲載することになるわけですが
ここでやってしまうのが
「ショッピングカートのついたホームページが無いと売れない」
と思ってしまうことです。

手始めに実験する程度であれば
ショッピングカートが無くてもメールフォームで十分対応できます。

専用のブログを無料で作って
メールアドレスと電話番号を載せておいて
「欲しい方はメール下さい。担当から折り返します」
と書いておけば明日からでもスタートできます。

 

ネット販売の最初の一歩は
ネット上に自分の媒体(ブログ,twitter,Facebook,HPなど)
を作って小さく始めることです。

低リスク(最安0円)でスタートして
大きく育てることができるのが
ネットをつかったビジネスの最大のメリットです。

 

ただし、何でもかんでも手当たり次第に。
というと、手間がかかるわりに儲からない。
ということになってしまいます。

何をどうやるか?を決めて
最短距離で進められるように
「ムダのない集客の導線」を作ったほうが
効率的で理想ですよね。

それが、私がコンサルティングで行っている
「集客設計」ということです。

参考になりましたでしょうか?

———————

ネットのことになると無機質で機械的な物
だと思っている方が多いのですが
相手にしているのは人です。

ネットはあくまでも
「アナログで頑張っているあなたのコピーロボット」
だと思っていただいたほうが良いと思います。

近日公開終了します

営業マンが一人も居ない非常識な広告代理店
印刷会社とリフォーム会社を作った
集客の専門家が明かす
ブログには書けない経営手法の秘密、テクニックを公開します。

(無料)営業マンを雇わない会社経営テクニックを請求する

 

日本電産 永守重信氏に学ぶ

弊社で推奨しているランチェスター経営に通じる内容が
記載されていましたので、下記に掲載させていただきます。

--------------------------

日本電産を、どのような会社にしていくか。
明快に決めていた。
総合型の大企業は、もう古い。
インテルやマイクロソフトのように、何かに
特化したニッチ型の大企業にする。

核は「回って動くモノ」
モーター類を中心に、その部品や素材、応用品に集中することだ。
M&Aの対象も、そうした分野に絞る

創業すると答えたときに母が言った。
「やるなら、人の二倍働くか?
小作やった家が全部、自作農になれた。
それは、私が人の倍働いたからだ。
おまえも、人の倍働くか?それやったら
成功できる。

大企業でも零細企業でも、一つだけ共通なものがある。
一日24時間という時間だ。
戦って勝つには、この平等なものを以下に使うかだ。
一日16時間、土曜も日曜も働き、三年やって見通しが
立たなかったら辞めよう。そう決意した。

--------------------------
プレジデント2009.11.02月号「経営者達の四十代」より

弊社で推奨するランチェスター戦略の中に
・取扱商品を絞り込んで特化する「商品戦略
・競合他社よりも長時間働く「仕事時間戦略
がある。

永守氏の言葉にはこの2つがぴったりとはまっている。
大きな企業ですら絞り込んでいる

小さな企業はさらに絞り込んだ商品、地域で戦わなければならない

永守重信氏の関連書籍

日本電産 永守イズムの挑戦/著者不明

¥1,680
Amazon.co.jp

「人を動かす人」になれ!―すぐやる、必ずやる、出来るまでやる/永守 重信

¥1,400
Amazon.co.jp

Read more日本電産 永守重信氏に学ぶ

近日公開終了します

営業マンが一人も居ない非常識な広告代理店
印刷会社とリフォーム会社を作った
集客の専門家が明かす
ブログには書けない経営手法の秘密、テクニックを公開します。

(無料)営業マンを雇わない会社経営テクニックを請求する