ホームページの値段表で優良顧客を集める方法

こんにちは。田中です。

 

売れるホームページを作るために必要な料金プランの出し方があります。

売りやすい3つの価格帯

ボッタクリ価格
割安価格
コスパ価格

の3つのプランです。

詳細をこちらに書いておきましたので興味がある方は読んでみてください。

詳細→ 売れるホームページ3つの価格の正体

 

最近いろいろと相談を受けていて、特に喜ばれるのが

「安売りしないで優良顧客を集める方法」です。

 

ネットの時代=安売りの時代

という印象が強いようです。

 

もともとネットが普及したのも、
「近所で買うより、ネットのほうが安い店が多かった」
からです。

 

ですが、あなたがまだそのイメージを引きずっているようなら要注意です。

 

ネットでは「値段と同等か、価格以上のメリット」が提示できる商品が売れる時代です。

 

1.10万円払ってください。リターンは10万円です。

2.50万円払ってください。リターンは100万円です。

という場合と、

 

あなたは商売人です。どっちを買いますか?

1は収支ゼロ。金銭的なリターンはゼロです。

2は収支50万円、金銭的なリターンがプラスです。

 

私が直接関わっているリフォーム業、印刷デザイン業、ホームページ制作業、経営コンサルティング業、全ての業務で、お客さんも同業者の9割の確率で「リターンを前提に買い物していません」

つまり、9割の人が「安物買いの銭失い」を率先して選んでいる状況です。

 

「私は損したくないので安いやつでいいです!」といってわざわざ時間もお金も損する方法を選んでいるのです。

 

コレには理由があって、人は「短期的な思考が強いので、目先の金銭的な損失をしたくない」という感情が出てくるからです。

 

リターンが保証されていない50万円の投資には、及び腰になり、手が震え、手が出せないのです。

 

起業して3年以内に50%の確率で廃業し、10年後には90%が倒産しているのは
「投資<リターン」を考えてメンタルの壁を乗り越えて決済し続けられる経営者が少ないからです。

 

短期思考=損失

短期的な思考で投資をすると高確率で損失が出ます。

 

ある先生が「モンキーマインド」という言葉を使っていました。

短期思考で売買をしてしまうのは人間ではなく「猿」と同じ思考パターンだと言う話です。

つまり「我慢できない」のです。

 

投資してリターンが出る前に、諦めてしまう人が本当に多いのですが
それはあなたが持っている動物的な生存本能がそうさせているのでしょうがない話です。

 

ですが、あなたが経営者なら、そのモンキーマインドに勝つ必要があります。

 

経営者=サル(モンキー)ではだめなのです。

人間になってください。

 

モンキーマインドに勝てる経営者になる簡単な方法

あなたが短期的思考に打ち勝って、10年後にも生き残る起業家、経営者で居続けるためには

「時間を味方につける」

ということを壁に書いて貼っておいてください。

 

投資してリターンが出るまでに普通は時間がかかります。

「モンキーマインド=待てない」ですから

「常勝マインド=待つ」ということなのです。

 

有名経営者と言われる偉人は非常識な額の投資をして、待ち続けた結果、いま莫大な利益を得られるようになりました。

ソフトバンクの孫正義
マイクロソフトのビル・ゲイツ
投資家のウォーレン・バフェット
グーグルのラリー・ペイジ
フェイスブックのマーク・ザッカーバーグ
テスラのイーロン・マスク
全員、創業直後はみかん箱が机だったり、ガレージがオフィスだったりしています。

 

金のなる木が育つまで「待つ」というマインドセットがあるから今、誰の目に見てもはっきりとわかる結果が手に入っているだけです。

 

彼らが
「とりあえず3月やってみたけどだめだったから辞めて他のことをやる」
「とりあえず一番安いやつ使ってればいいんじゃね?」
とは絶対に言っていません。

投資はする。
その代わり、リターンが出ないならやらない。
やると決めたらリターンが出るまで待つ。
リターンを出せる方法を考え続ける

これが、勝てる起業家、経営者に必須の思考です。

近日公開終了します

営業マンが一人も居ない非常識な広告代理店
印刷会社とリフォーム会社を作った
集客の専門家が明かす
ブログには書けない経営手法の秘密、テクニックを公開します。

(無料)営業マンを雇わない会社経営テクニックを請求する

 

保険代理店が法人損害保険の見積もり入札案件をネット集客する方法

先日クライアントから受けた相談でネット集客部分に関して
公開できる内容を一部転記しておきます。

重要な部分は伏せ字か内容を部分的に変えてありますのでご了承ください。

 

法人損害保険の新規案件開拓、集客4パターン

1:客層を○○などで絞ってリスト作成してから
  メール・FAXでのDMから**********訴求してから反響につなげる

2:「法人 損害保険 見直し」「法人 オーダーメイド 保険」「法人向け 損害保険 ***」という
  ある程度ざっくりしたキーワードからアクセスを引っ張ってくる
  見直しと**という単語については、「見直し」をメインにしておいて「***」という単語を
  サイト内に散りばめておけばどちらでもSEO的には対応できます。

3:「役員賠償責任保険」「個人情報漏えい保険」「生産物賠償責任保険」
  といったような「目的商品別」で専門サイトを作っておく

4.「***業 損害保険」「*** 損害保険」「*** 損害保険」「**科 損害保険」といった
  よくあるパターンの「業界別」のオーダー保険専門のサイトを作っておく

**と**をコンビネーションにすることもできます。

 

どれが当たるかはやってみないとわからないところがありますので
3パターンぐらいテストしてみて、反響が出そうなカテゴリがみつかったら横展開する。

 

特に***に関しては保険分野のニッチなサイトが少ないので
SEO対策の上位表示難易度はそれほど高くありません。
○ヶ月程度見ておけば上位表示し始めると思います。

 

ただ、自発的に検索して調べる人口がそもそも少ないので
***DMなどで強制的に必要性とかを訴求してサイトへ誘導するようなことを
組み合わせたほうが集客は安定するように組み立てやすいです。

 

 

近日公開終了します

営業マンが一人も居ない非常識な広告代理店
印刷会社とリフォーム会社を作った
集客の専門家が明かす
ブログには書けない経営手法の秘密、テクニックを公開します。

(無料)営業マンを雇わない会社経営テクニックを請求する