便利屋の集客方法

東海地方の便利屋を起業開業された方から
下記のようなメール相談を頂きました。

今年から便利屋を始めました。
仕事が中々はいりません。

チラシ配りは2000件ほど回り、4件の仕事があり、草取り、庭木の剪定、ゴミ屋敷のゴミの処分でした。
現在、内装工の会社からの依頼で、クロス、ジュウタン、タイルカーペットの剥がし等の仕事があります。
仕事をもっと多く取りたいのですがどうさたら良いのか。

パソコンを購入したのですが、この歳になるまで使った事がありません。パソコンの勉強中です。
この相談も携帯電話からです。
チラシにも携帯電話のアドレスをのせてます。
良い方法があればお願いしたいと思います。

という内容です。

 

この場合、
方法論の詳しいお話はできますが
先に
・2000枚配ったチラシ
・サービス提供している内容と金額
の情報をいただかないと何ともいえない。
という感じです。

 

欲しい仕事が取れているのかとか
儲かるか?は別にして
便利屋系のチラシの反応率は十分出ている気がします。

予想ですが、相場より安めに金額設定されているのではないかと思います。

チラシの配布にかかる手間とコストを
考えて採算を合わせようとすると
リピート勝負になるので
・何を(商品サービス)
・いくらで(提供金額)
の部分を詳しく聞かないと、正確な回答ができません。

 

内装会社からの案件数が増えればよいのかな?と判断できますが

その場合に
・ご自身で作業できる範囲で売れれば良いのか?
・人を雇ったり、仲間に仕事を回してマージンをとれるくらい売りたいのか?
でやるべきことが変わってきます。

具体的な方法論としては

不動産会社、内装工事会社から仕事を取りたい場合
・メールDM+あいさつ回り(名刺交換)
・FAXDM+あいさつ周り(名刺交換)
・あいさつ回り+チラシ
・ホームページ

個人から仕事を取りたい場合
・ホームページ
・チラシ+ホームページ

の組み合わせで十分な仕事が確保できるようになります。

 

私が自分でやるなら、前者の不動産会社とか内装工事会社の方が新規開拓が簡単なので
先にそっちで定期仕事と安定収益を確保しますね。

DMやちらしの切り口は簡単です。

ふつうは
・安いです!
・買いませんか!

しか書いてないチラシを作ることがほとんどですが
いきなり売り込みしても売れません。

ですので、法人向けに
「とりあえず一度会って現状と困っていることを聞かせてもらえませんか?」
という内容の案内資料にします。

どちらかというと「お手紙」です。

 

アポさえ取れればあとは提案の内容次第かと思いますが
チラシからいきなりセールスするよりも濃い仕事が取れるようになります。

 

とはいえ、チラシの場合、作るのにも撒くにもお金と時間がかかります。

 

もしあなたが便利屋をやろうとしているなら

一番確実で継続的に売上をもたらしてくれる方法はホームページです。

これだけで十分食べていけるようになります。

近日公開終了します

営業マンが一人も居ない非常識な広告代理店
印刷会社とリフォーム会社を作った
集客の専門家が明かす
ブログには書けない経営手法の秘密、テクニックを公開します。

(無料)営業マンを雇わない会社経営テクニックを請求する

 

8月は半月で7人の生徒さんをホームページから集客できました!

8月は半月で7人の生徒さんをホームページから集客できました!

クライアントから
「8月は半月で7人の生徒さんをホームページから集客できました!」
と報告を受けました。

 

クライアントとのやり取りの一部を公開

こんなやり取りです。(※内容を特定できる部分は改変したり伏せ時にしてあります)

【相談】

「**検索キーワード**」で検索するとX番目に上がるようになりました。
8月で7名からホームページを見てお問い合わせがありました。

なので今のままの「**サイト名**」のホームページのままで良いのかなとも思いましたが、*キーワード*だけのホームページがあった方がよいでしょうか?

*キーワード*ではありますが、**キーワード**に特化していこうと考えています。
ホームページからきた人は全員**キーワード**です。
恐らく、札幌に**キーワード**教室がない為に流れてきているのだと思います。
*分野*だと競争率が高いので、*キーワード*を売りにしたいのです。

 

【回答】

*キーワード*とかされているので、
*分野*の総合サイト http://
*キーワード1*専門サイト http://
*キーワード2*専門サイト http://
といふうに分けるのがベストです

他にも「*キーワード分野*」とかは需要があるとおもうので
*分野*に特化した内容を案内してあげると良いと思います。

*キーワード*とか先生を探している新規のお客さんは
*キーワード*を始めてみようかな→「*キーワード*」「*キーワード* 教室」
*キーワード1*の教室はないかな→「*キーワード1*」
*キーワード2*をやりたいな→「*キーワード2*」
みたいな感じで自分の都合の良いように考えて検索してきます

お客さんの都合に合わせてサイトを用意してあげれば売れるサイトが増えていきます

「*キーワード*」のサービスに対して
需要と共有のバランスが
共有<需要
となっているので、検索で上位表示されて問い合わせが来ている状態だと思います。

需要の量はこちらでコントロール出来ないので
*キーワード*でキャパMAXまで受注できない場合は
他の*キーワード2*とか別のサービスを追加でサイト集客していってください

あとは
「*キーワード1*が欲しい」と思い込んでいるお客さんに
「*キーワード2*がお薦めですよ」という売り方があります。

この場合
「*キーワード1*」で集客してから、電話や対面で「*キーワード2*」をおすすめして誘導することになります。

こういった方法が活用できそうなら総合サイト+複数の専門サイトを順番に作っていってください

というやりとりでした。

 

最も安全に、リスクを取らずにビジネスの立ち上げを成功させる方法

かなり限定した人数ですが
以前からクローズドで案内して興味を持った方にだけ
「自分でホームページを作って集客できるようになる方法」
を提供しています。

基本的に固定費で、
何サイトでもホームページを作れて
効果検証済みの集客力のあるホームページ
パートさんに任せにしてでも社内で作れる方法です。

具体的なサイト作り作業レベルの話は当然として
何を売ったら売れやすいとかの商品のパッケージングから
営業セールストークの組み立てビジネスモデルまで全部アドバイス付きです。

アドバイス通りにやってもらえれば誰でも売れるようになります。
(言ったとおりにやってくれない我流でやりたがる人もいてだいたい結果が出ません)

 

他人任せにするからホームページは失敗する

ホームページのイメージって
「普通はデザイナーとか制作会社の人、プロに頼むもの」
というイメージが強いみたいです。
そんなことないですか?

売れるホームページが欲しい。
という場合は、このイメージが間違いのもとです。

他人任せで売れるホームページを手に入れるのは無理です。

 

 

「売れるチラシ=売れる営業マンを紙に表したもの」
と言われているのですが、ホームページも同じで
「売れるホームページ=売れる営業マンをネット上に表したもの」
です。

つまり、ホームページを作る責任者は、
あなたの会社で一番、接客営業力の高い人
でなければいけないのです。

自分の社員よりも自分の会社のことを知らない他人に
商品の営業売り込みさせても売れないですよね?

 

 

15日で7人の生徒を集めたスクール

15日で7人の生徒集めに成功したクライアントは

半年前はパソコン苦手なんですけど大丈夫ですか。
とか言っていました。

そんな人でも自分でカチャカチャ作ったホームページで
2日に1人集めた計算です。

自称パソコンの素人が
たった6ヶ月で集客できるホームページを
好きなだけ作れるようになる
って単純にすごくないですか?

 

 

一度自分でやって成功体験を手に入れることができれば
それを繰り返すのは簡単です。

最初が一番大変なので。

 

このクライアントは
「集客できるホームページを作れるスキル」
を手に入れたのです。

一度手に入れたスキルは
「自転車に乗れるスキル」と同じで
簡単には忘れません。
ずっと無料で使い放題です。

 

集客できるホームページを手に入れたあなたの次のステージ

ホームページを固定費で好きなだけ作れる状態なので
自分が集客できるようになった方法を
他の誰かに提供できるようになります。

「売れる型」にのっとってホームページを作って
売れるかどうかテストし放題。という感じです。

そもそもホームページを1個作るために30万とか50万かけても
当たるかどうかわからないのに
1撃必殺で売れるホームページを作ろうとすることに無理があります。

 

ビジネスの世界では
「全てはテスト」
なのです。

 

リスクゼロでホームページを作ることができれば
遠慮無くテストし放題になります。

 

売りたい商品や興味のあるビジネスがあれば
とりあえずテストしてみればよいのです。

 

私は集客を手伝う仕事を10年近くやっていますので
新規でビジネスを初めて数ヶ月で消えていった人を何人も見てきました。
(早い人は3ヶ月とかで消えていきました)

そういった人たちに共通しているのは
「最初から体裁と見た目を整えようとしすぎている」
ということです。

売れる前から準備にお金と時間をかけすぎているのです。

 

商品を売るために
・まず名刺
・まずホームページ
・まずチラシ
・まず事務所
など「これが揃わないと営業ができない」

という感じです。

 

もしあなたが
これから起業しよう。とか
新規ビジネスを立ち上げよう。
と準備しているなら気をつけてくださいね。

 

成功する人に共通するポイント

商品がなくても、まず売ってみる。
間違って商品が無いのに売れてしまったら、
急いで商品を用意すなりすればいいんです。

成功する人はそういうタイプです。

 

在庫を用意して事務所を用意して、
電話を引いて、社員を雇って「さぁスタート」
では遅すぎるんです。

ビジネスは
・集客
・販売
がキモです。

売れなければ何も始まらないのです。

 

私はいま
・ホームページ制作
・印刷
・リフォーム
の会社をやっていますが全部ネットだけの新規集客と
リピートの依頼で会社を維持しています。

 

ネットに特化し始めて5年ほどだとおもいますが
その中で辿り着いた「これがテッパン」という

ホームページを作って
手っ取り早く集客して売上を上げるための
7つの要点というものがあります。

 

ホームページを成功させる7つのキモ

今回はこの7つキモをシェアします。

・ホームページは自分で作りなさい
・専門サイトを作れば売れる
・複数のホームページを持ちなさい
・営業マンの言葉をホームページに流し込め
・デザインを捨てなさい
・売りたい商品を捨てなさい

 

順番に解説していきます。

 

ホームページは自分で作りなさい。

業者丸投げするあなたはカモです。

餅は餅屋、ホームページはプロに任せたほうが綺麗に作ってくれる。
という勘違いが蔓延しています。

あなたは大丈夫ですか?

 

ホームページを作るのに
専門的な知識が必用だと思っていませんか?

あれは業者がクライアントから
「私たちはこんなに難しいことをやっているからお金がかかりますよ」
といってあなたをカモにするためのポジショントークです。

実際中小企業のホームページで業務システムみたいな
機能を付ければ高く付きますけど
集客目的の「売れるホームページ」の大半は
そんな大層なものは必要ありません。

 

言ってしまえばブログの延長で十分です。
Facebookの記事を投稿するのが難しいですか?
メッセージを送るのが難しいですか?
それと同じレベルです。

 

売れるホームページの型は10年近く変わっていません。
なので、特殊なレイアウトにせずお手本通りにフォーマットされた
ホームページに原稿を流しこむ作業だけできればOKなんです。

 

SEOで上位表示が。とか小難しいことを考えるかもしれませんが
それはホームページに記事を流しこんだ後の話です。

最近のGoogleの傾向は
「まともにメンテナンスされているホームページかどうか?」
が見られていて更新していればそれだけで上位表示される傾向にあります。

 

ホームページをラーメン屋の店舗に
置き換えて想像してみてください。

開業してから10年間、掃除しない、
メニュー変わらない、内装も変わらない。
放置プレイのラーメン屋

が繁盛すると思いますか?
おすすめされると思いますか?

 

Googleは人がちゃんとメンテナンスして
適正に運営されているサイトを優遇します。

業者任せにして自分でどうにもできない
ホームページを持っている限り
お金を払って業者にメンテナンス貰うしかありません。

そうです。

あなたにメンテナンスさせないようにして
作業費用を請求するのもホームページ屋の
ビジネスなのです。

 

さらにホームページを作るために
30万払って失敗したとします。

さくっと諦めて追加で30万払って
別のホームページ業者にまた頼もうと思いますか?

思わないですよね。

 

普通は1回ホームページ作って
たいして結果も出ないまま「30万もかけたし」
といって放置されているんです。

 

もしあなたが自分で
カチャカチャFacebookに投稿するのと同じノリで
ホームページを作れるようになったとしたらどうですか?

何サイトでも好きなだけ作れるとしたら。

 

ビジネスを長年やっていれば
ずっと同じ商品を同じ売り方で売れ続ける
ということはありません。

時代とともに商品の傾向やお客さんも変わっていきますよね?

それに合わせてホームページも増設したり
リニューアルする必用が出てくるんです。

その都度ホームページ屋にお金を払うかどうか
検討したり躊躇していると時間がもったいないです。

 

最低限のところまでは自分で作る。
そのあと、自分では難し装飾や
デザインの一部をプロに手伝ってもらう。

それならまだ良いでしょう。

 

私の経験で何人も同じようなセリフを聞いてきたのですが
自作のホームページと業者に作ってもらった
ホームページを2つ同時に持っている場合に
「自作のホームページのほうがなぜか売れたり良質なお客さんがよく来てくれる」
という例をいくつも見てきました。

結局、あなたの見込み客のことを
あなた以上にわかっている人は居ない
のです。

真剣にお客さんにメッセージを伝えたいなら、
あなたがホームページ制作に取り組むことを考えてください。

 

次です。

 

専門サイトを作れば売れる

 

というところで、もう寝る時間なので続きはまた今度にします。

 

Bye!

 

PS

後ろにいるリフォーム部門の鈴木くん
深夜にヒートガンの熱風を顔面に浴びながら
見積もり作ってます。

IMG_1962

近日公開終了します

営業マンが一人も居ない非常識な広告代理店
印刷会社とリフォーム会社を作った
集客の専門家が明かす
ブログには書けない経営手法の秘密、テクニックを公開します。

(無料)営業マンを雇わない会社経営テクニックを請求する