売れるホームページの法則

売れるホームページが欲しいですか?

 

もしあなたが売れるホームページが欲しい。
と感じているなら、このポイントを絶対に外さないでください。

逆に言えば、このポイントだけ何とかして押さえておけば
とりあえずは集客できるようになる可能性が発生する
ということですので、この記事を熟読して
あなたのホームページの戦略を練るヒントとしてご活用ください。

 

【最重要ポイント】

見込み客と商品商材を限界まで絞り込む

です。
さらに理想は

1顧客、1商材、1ホームページ=専門サイト

となります。

マーケティングや集客設計をする上で
「誰に」
「何を」
がかなり重要になりますが
ホームページ制作の相談を検討されている札幌のクライアントの93%が
「あれも売りたい、これも売りたい」
といって収集がつきません。

 

会社案内や商品紹介などの情報提供をメインにしたカタログ的な「営業ツールとしてホームページを作成する」なら全く問題ありませんが、集客や具体的ん相談などの反応を取ることを目的でホームページを制作するならNGです。

ホームページでたくさんの商品をアピールしてはいけません。

なぜかというと、そもそもホームページというツールは商品やサービスを絞り込んだ方が反応を取りやすいからです。

 

客層ターゲットを絞る

商品やサービスを絞れば、自動的に売るべきお客さんも絞り込まれます。

たとえば、家の新築やリフォーム、店舗の内装を扱う工務店なら、すべて売り込みたいと思うのは当然ですがお客さんの立場に立ってみると、新築を検討している方と店舗のリフォームを考えている方とでは求めている情報が違います。

対面で営業マンが接客する場合は、新築をしたいと考えている個人のお客さんに話をする内容と、店舗の内装を検討しているお客さんに話す内容では全く違う内容を話すはずです。

自社の売りになるアピールポイントやその言い方もお客さんに合わせて変えながら説明していると思います。

対面接客は、目の前にいるお客さんに合わせて説明を変えればいいだけですが、ホームページではそれができません。

ですので、ホームページは誰を相手にしたホームページにするか?を絞り込むことが大切なのです。

限られたお客さんに向けて、ホームページを作ると反応の取れるホームページになります。

 

具体的にすればするほど見込み客に深く刺さります。
狙い撃ち状態を作ることができます。

お客さんをできるだけ具体的にイメージしてください。
たとえば「新築を考えている人」というザックリした感じではなく
・30代前半の夫婦で幼稚園から小学生低学年くらいの子供がいる4人家族
・初めて住宅を購入する
・年収は400~500万円
・予算は2,800~3,400万円
と言った感じです。

イメージするのが難しければ、
過去に実際に接客してきたお客さんを思い出してみてください。

具体的に見込み客の悩みや要望をリストアップしていき
それに応えるページと文章や写真などのコンテンツを用意します。

その他大勢、万人に向けて書いた記事とは違って
「誰のために」を絞り込んだコンテンツは見込み客を狙い撃ちにします。

読んでいる見込み客に
「私のことだ」
「私のために書かれている」
「私に関係ありそうだ」
と感じてもらうことができれば合格です。

 

つまり、反応の取れるホームページにするには

1.サービスや商品を絞る
2.見込み客を絞る
3.見込み客の悩みや要望を想定する
4.要望や悩みに応える記事を用意する情報を提供

この手順で記事を用意する。ということです。

4のところで自社の強みや特徴などを含めて書くと効果的です。

ホームページで商品や客層を絞ることが大切だということを知っている方はいますが、実際にはできていないホームページがほとんどです。

 

今の時代、何でもありの総合スーパーが廃れて価格帯や商品ラインナップを厳選した専門店が流行っているのはご存知のとおりです。

「みんなに来て欲しい」

では売れない時代になってしまったということです。

会社や店舗で専門店を作るにはコストがかかりすぎてしまいますので安易に「お試し」とはなりませんがホームページを使ってテストするのにはコストがかかりません。

恐ろしく安いコストでテスト・マーケティングし放題にできるのが
ホームページのメリットです。

 

さらに、当社では表に出していない
裏のプランを密かにクライアントに提供しているのですが、
そのプランは「ホームページを固定費で何サイトでも無制限で作り放題にする
といぷプランです。

しかも、恐ろしいほど安い金額で。
(まともに稼げる営業マンの人件費の1/10くらい)

このプランを手に入れたクライアントたちは
好きなだけホームページを手に入れることができますので
集客し放題ですし、お金をかけてまで作る気にはならないほうな
求人用のホームページやテスト販売用のホームページまで追加費用無しで
手に入れることができるようになります。

もしあなたがホームページを使って
営業マン並の営業力を手に入れたい。と感じるなら
hp@h-ad.com(田中宛)までご相談ください。

(注)このプランは誰にでも提供するものではなく、弊社がご提供することで社会的に意義のあると感じるクライアントにのみご提供する裏のプランとなります。
お金さえ払ってもらえば誰にでも提供する。といった性質のものではありませんのでご留意ください。

近日公開終了します

営業マンが一人も居ない非常識な広告代理店
印刷会社とリフォーム会社を作った
集客の専門家が明かす
ブログには書けない経営手法の秘密、テクニックを公開します。

(無料)営業マンを雇わない会社経営テクニックを請求する

 

Googleで上位表示されるホームページとは

集客設計士の田中です。
最近ブログの評判が良いです。

あなたの人生のヒントになると思いますので見ておいてください。
インターネット集客で年収1000万以上稼ぐ方法【田中龍之介】

 

通常のマーケティングやセールス、営業のコンサルティングがメインですが
その手段としてインターネット集客も必ず抑えておく必要があります。

 

WEBからの集客を無視して集客は考えられない。
と言ってもよいでしょう。

で、最近の例で言えば

工務店リフォーム系
OA通信系
ブライダル系
旅行代理店系
WEB制作会社
セラピスト
コーチ&コンサルタント
飲食店
塾・家庭教師
美容室
個人事業主

など様々です。
 
その方々のコンサルの中で、
自社のホームページを検索で上位表示させたいのですが
という相談を高確率でいただきます。 

いわゆる「SEO対策」というものです。

「検索されるキーワードを文中に散りばめる」
「1ページあたり1000〜3000文字を目安に入れる」
「ページの増減、加筆修正などのメンテナンスを定期的に行う」

など、細かいテクニックがあります。

これらはテクニックレベルの話ですので、
長期的にあなたのホームページが上位表示できるようになる
「基本的な考え方=上位表示マインドセット」
をご紹介しておきます。

 

あなたがブログやホームページをアップしている
インターネット上の情報というのは
Google様が管轄しているスペースだという認識を持ってください。

彼らはエリート中のエリートというか、言ってしまえば天才です。

しかも、天才が集まった転載集団です。

彼らが目指すことは
「情報を整理して届けること」
です。

ホームページの検索サービスに関して言えば
「検索ユーザーに最も価値のあるサイトを提示すること」
です

「Googleで検索すると問題が解決する。」

という状況を検索の利用者に提供することで
Googleという会社の利益が増えるビジネス構造になっています。

つまり検索においてもっとも重要な視点は
「利用者に価値提供できるサイト」
ということです。

方法論やテクニックレベルであれこれやったとしても
Google様には短期的にしか通用しないと考えてください。

 

超本質的なマインドセットは
「訪問者の悩みを解決するコンテンツ」
「紹介投票件数(外部のホームページからのリンク)が多いコンテンツ」
を用意する。ということです。

「どうすればXXの悩みを抱えている人をたすけられるか?」
と考えてページに必要な情報やコンテンツを作るのです。

「情報提供者になる」

というマインドセットです。

近日公開終了します

営業マンが一人も居ない非常識な広告代理店
印刷会社とリフォーム会社を作った
集客の専門家が明かす
ブログには書けない経営手法の秘密、テクニックを公開します。

(無料)営業マンを雇わない会社経営テクニックを請求する