「21世紀の資本」トマ・ピケティを理解して金利5%を入手する方法

田中です。

 

日本人は貯金が好きですが”投資”に超うといです。

戦後復興の段階で、日本は国策として銀行の金利を
わざとに高金利状態を作っていました。

戦後復興整備のための現金が必要だったからです。

 

国民には「お金は貯金するのが安全で堅実で賢いんですよ!」と
メディア(テレビ、新聞、雑誌、ラジオ、芸能人)を使って
大々的に長期間宣伝し続けました(洗脳)。

 

日本人には「お金=不浄」という価値観が
深く根付いているようですが、現在となっては完全に負の遺産です。

 

「一生、雇われて生きていく」
「人生の時間を人に提供して、生きていく」

という価値観で生きるなら、そのまま何も
気にせず生きていてください。

 

ですが、あなたが
「私の人生は私の力で切り開き、コントロールする」
「自分の力でお金を稼ぎ、スキルを磨いて、世間に提供した価値にたいして報酬を得る。」

という人生をあなたが選ぶ場合には

国策で作られた、仕組まれた
「お金のマインドセット」を破壊する
必要があります。

 

労働の対価としてお金を受け取る。

という価値観を捨てる必要があります。

 

 

時間切り売りマインドセット

あなたの脳にこびりついた負の思考を
シュレッダーにかけないかぎり、
あなたの収入はいずれキャップされます。

頭打ちです。

 

21世紀の資本」という本を知っていますか?
 トマ・ピケティという経済学者が書いた本ですが

簡単に言えば、

経済(資本)の力で稼ぐものだけが儲かり続ける

という話を統計分析からまとめた人です。

Amazonの著者紹介ページ:トマ・ピケティ

 

労働ではなく、資本に労働をさせる。

ということで、お金にお金を産んでもらう。という価値観です。

 

おそらく日本人の99%には受け入れられない概念です。

ですが、あなたが残り1%に滑り込んで現状の労働から脱出したいなら
この概念は絶対に手に入れて置かなければいけません。

 

投資家・ビジネスオーナーとして得る所得と
経営者・マネジメントとして得る所得では

その意味が全く違うのです。

 

経営者はあなたがやるものではなく雇うもの

社長を雇用するのです。

 

 

オーナーになるということは「資本の力」を利用して稼ぐということです。

日本人には「投資教育」というものは全くされていませんし
普通の家庭で育てば「株式投資やFXは破滅への道」という教えを受けます。

じっさいに私も、詳しい理由の説明もなく
「株と借金だけはやったらだめよ」と母親から教わりました

借金はともかくとして、株式投資については現在はそうではないと思っています。

たぶん、脳の深い部分に埋め込まれた母からのメッセージで

今でもお金のメンタルブロックが残っていると思います。

 

恐ろしいほどお金の本質を知らなさすぎるのです。

あなたは大丈夫でしょうか?

 

投資家や資産家、一部の経営者の家庭でなければ「投資」で収入を生み出し
「複利で生きる」という選択肢を知ることはありません。

 

で、もしあなたに
一般家庭で育ったがゆえのお金のメンタルブロックがあり
ガッチリ、マインドコントロールされてしまっている可能性がある。
という場合に、そのブロックを取り去る最後のチャンスが今発生しています。

 

お金のメンタルブロックを破壊するためには
自分の目でお金でお金が増える、減る。という現象を
体験する必要があります。

それを限りなく低いリスクで
知識ゼロに近い状態からスタートしても

高確率で5%の金利を日本で得られる
21世紀最後のチャンスがいま発生しています。

 

この記事はわたしのメールマガジンやFacebookでは
シェアしない記事です。

運良くこの記事にたどり着いてここまで読み進めたあなたにだけ
プレゼントとして書いている記事です。

 

おそらく年内いっぱいか、来年いっぱいまで通用すると予測しています。

基本的には5%複利の力が働きますので
早く手を打っておいたほうが、
あなたの財布が大きく膨れ上がるということは
理解しておいてください。

 

で、金利(利息)の話ですが

あなたもよく理解しているとおり、日本の銀行や信金に
口座を作って現金を預けておいても

ほとんど利息が付かない。

というのがここ20年近く常識になっています。

つまり戦後復興が完了した時点で、
銀行口座の高金利の時代は終わったということです。

銀行や郵便局に日本円を預けてもほとんどゼロに近い利息です。

 

社会はインフレ化していきますので、
預けている残高の数字が変わっていなければ
口座のお金は実質的に目減りしているという状況です。

 

ですが、この状況を破壊する、新しい預金口座が登場しました。

その口座の金利がなんと年5%なのです。

預入可能なのは、世間を騒がせている仮想通貨です。

私の見立てでは、今後もある程度安定して資産保全できるのが
・ビットコイン(BTC)
・イーサリアム(ETH)
・リップル(XRP)
です。

 

どうやって5%の金利をもらうか?

というと

コインチェックという取引所(証券会社のようなもの)に預金して
あとは寝て待つだけで5%増えます。

 

仮想通貨を持つために
コインチェックという証券会社で口座を作って
日本円から仮想通貨に両替して、預けておくだけでOKです。

 

仮想通貨は日本円に対して上昇トレンドですので
このまま上昇が続いて相場が3倍になれば
日本円でそのまま眠らせておいた場合と比べて
口座残高が3倍になります。

日本円なら100万円が100万円のまま
仮想通貨定期預金なら100万円が315万円に
という感じです。

 

じゃぁ今すぐコインチェック!となるまえに、一応付け加えておくと
こういうものに入れるお金は「余裕資金」といって最悪の場合残高が半分とかになっても
我慢できる程度の金額でスタートするのがベストです。

たとえば、100万円入れて、50万円になってもまぁいいか。
と思えるなら、100万円とりあえず入れてみる。という感じです。

基本的にいきなりゼロになることはありません。

眠っているお金があるようでしたら
一部を仮想通貨預金にしてみていただくとよいです。

 

今はボラティリティといって短期間で価値の変動が非常に大きいですので
毎日チェックしていると精神的に非常に疲れます。

仮想通貨に関しては定期チェックはした方がいいですが
長期保有を前提に、プラス5%つく仮想通貨預金に入れておくのが
今の日本人の気質にはあっていると思います。

私がかなりリサーチした結果
コインチェックが日本国内で一番倒産リスクが低い証券会社だと分析しました。
これから仮想通貨預金をする場合はコインチェックでやってみてください。

仮想通貨の証券会社 → コインチェックのHP

近日公開終了します

営業マンが一人も居ない非常識な広告代理店
印刷会社とリフォーム会社を作った
集客の専門家が明かす
ブログには書けない経営手法の秘密、テクニックを公開します。

(無料)営業マンを雇わない会社経営テクニックを請求する

 

コメントする

CAPTCHA